Skip to content →

プロミスの口コミ|初めてでも安心「プロミス」キャッシング

manキャッシングを初めて利用したいという時、色々な不安や疑問があって当然です。それをどうやって解消するか、「プロミス」のフリーコールはそういった心配事の相談に乗ってくれるので安心です。

「プロミス」のフリーコールへ電話をかけると、わからない事を聞いたり、相談したり事も出来ますが、ほとんどの場合、その電話で審査への勧誘があります。その誘いを断るのは悪いような気もしますが、一度電話をきって、冷静になってから手続を進めるかどうかを判断する事が大切です。

また、口コミやランキングサイトでもキャッシング会社を利用した人の意見も見ることが出来るので、それらも参考にするのもポイントになります。

 

プロミスに人気が有るのは

大手消費者金融「プロミス」は口コミやランキングサイトでも常に上位に位置しています。

「プロミス」になぜ人気が有るのか、

  • 30日間無利息サービスが利用できる。
  • 申込から融資まで、来店不要で即日融資が可能。
  • 3秒診断で借入れ前に審査に通るかどうかがわかる。
  • 実質年率が4.5~17.8%と大手消費者金融の中では最低金利になっている。

と言うところでしょう。

 

申込前に3秒診断

syorui1

「プロミスを利用したいけれど審査に通るかどうか不安」と言う方におすすめなのが「プロミス」の3秒診断です。「プロミス」にはわずか3秒で分かる{3秒診断}が用意されています。「3秒診断は」個人情報の入力をすることなく、自分が審査に通るかどうかの目安を知ることが出来ます。

仮審査になると、多くの個人情報を入力しなければなりませんが、3秒診断は「生年月日」「年収」「現在の借入金額(他社からの借入金額)」の3項目を入力するだけでおおよその判断が出来ます。ただ、プロミスの「3秒診断」は、瞬時に審査結果の目安を知ることの出来るので大変便利ですが、あくまでも「目安」になります。

その為、3秒診断で融資が可能と診断されても、本審査で落ちてしまうこともあります。ですから、「絶対」ではないという認識を持っておいて下さい。逆にこの診断で「審査が不可」となっていても、本審査を通過するケースもあります。

 

人気のWEB契約方法の流れ

「プロミス」の人気のある理由の一つに「WEB契約」があります。「WEB契約」は即日融資はもちろん、郵送される書類も一切ないので、「プロミス」でお金を借りている事を知られる事はありません。「WEB契約」は申込から振込まですべてがインターネット上で完結するので、来店する必要もなく、普段外へ出られない人や、店舗に入るのを見られたくない女性に人気の契約方法です。

申込は「プロミス」のサイトにアクセスして、商品概要をチェックして、「新規お申込」申込みます。WEBから申込が終わればプロミスから仮審査の連絡を待ちます。融資が可能となった時は、本審査を受け、在籍確認が終われば契約になります。

審査は最短即日ですが、場合によっては翌日になる場合もありますが、結果を確認できたら手続きを進める事になります。WEB契約で即日融資を受ける時は平日の午後2時までに、契約手続きを済ませておく必要があり、この場合は銀行の営業時間内と言う制限があります。

24時間いつでも振込してもらう方法として、井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を作っておく必要がありますが、会員サービスの「瞬フリ」を使えば24時間曜日に関係なく振込キャッシングで借りることが出来る便利な方法もあります。

 

土日祝日にキャッシング

銀行振り込みでお金を借りる場合は、銀行の営業時間内になります。「プロミス」は土日や祝日・銀行の営業時間外でも即日融資で借りる事が出来ます。土日や祝日に即日融資で借りる方法は、インターネットから申込を済ませ、仮審査まで済ませておき、自動契約機で本審査を受けるという方法です。

インターネット申込は24時間何時でも受付していますので、自分の都合のよい時間を見計らってホームページから申込が出来ます。メールや電話で仮審査の結果が伝えられたら、近くの自動契約機または三井住友銀行のローン契約機へ行き、本審査を受けます。

本審査が終わり、契約が完了すれば、自動契約機からカードを受け取り、提携ATMで現金を引き出せるようになります。銀行振り込みは銀行の営業時間内に契約をする必要がありますが、カード発行をしてもらうつもりなら、自動契約機の営業時間内に審査を受ければよいので、銀行の営業時間を気にする必要はありません。

 

必要書類を忘れずに

a申込は必要書類を用意しておく必要があります。申込が本人である事を証明する本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート)などですが、ネット申込はこれらの書類をメールに添付して送信するので、書類を画像保存しておく必要があります。

自動契約機やローン契約機の場合は、原本をスキャナに読み込ませるために、原本を読み込ませる必要があります。

もし忘れた場合は、取りに帰らなくなるので出かける前に書類を持っているか確認して出かけましょう。